ふらっとさくらちゃん REPORT by SAKURA-chan

ホーム ふらっとさくらちゃん 工場

西野金陵㈱ 多度津工場

今日は「西野金陵㈱多度津工場」さんへふらさくεεεεεヾ(●´∀`)ノ


西野金陵㈱さんと言えば…「お酒」(√*’v`♡♡)⌒。+♬
誰でも一度は「お酒で話しましょ。」のCMを見たことがあるはず…!
とっても有名な、お酒を造っている会社です(◍ ´꒳` ◍)b

本店は「こんぴらさん」で有名な琴平町にあり、昭和41年に「お酒造りに適した水」が豊富にとれる土地を求めて出来たのが、ここ多度津工場なんだって٩( ´◡` )( ´◡` )۶
というわけで、さっそく工場見学開始~(o`・ω・´σ)σ!



まずはお酒の原材料となる「お米」から!
西野金陵㈱さんで使われているお米は、「さぬきよいまい」「山田錦」「オオセト」の3種類!


その3種類を比べるとこんな感じ!
山田錦」が一番大きいね∑(*゚ェ゚*)


さぬきよいまい」は香川県初の酒造用米で、「山田錦」と「オオセト」の交配種なんだって(n╹ω╹)η ♥ n(╹ω╹n)
2品種のいいところを受け継ぎ、大粒で玄米たんぱく質含有量がやや低いのが特徴です!
そんな「さぬきよいまい」で作られる日本酒は、香り・味ともにキレとふくらみがあり、バランスのよいお酒と評価されていますღ❤ღ´ェ`*)


次は「お水」!こちらもお酒造りにはかかせません(*´꒳`*)!
元々、葛原八幡神社の境内だった土地に建てられた多度津工場では、御神域内から湧き出る湧き水を、一日およそ200t使ってお酒を造っています!


次は精米所!
ここでお米を、70%~35%の精米歩合で精米します(`・ω・´)ドヤ
……70%~35%ってどれくらいなんだろう?(*´ェ`*)
普段食べているお米の精米歩合がだいたい90%くらいなのだそう…。
つまり35%に精米されたお米はかなり小さい!!!


そしていよいよ「酒蔵」へ…!
多度津工場には「多度津蔵(写真左)」と「八幡蔵(写真右)」の2つの酒蔵があり、「多度津蔵」は四国でもトップクラスの大きさを誇る酒蔵なんだって!
一日で、9tものお米を蒸すことができるそう…∑(*゚ェ゚*)!
今回は「八幡蔵」を見学させてもらいました!


まずは、精米したお米を洗米し、蒸します!(写真左)
蒸しあがると、種麹をかけて木箱に移し、材木で作られた特別な部屋で2日間かけて発酵させ、米麹を作ります!
この工程では温度管理が大切で、気温は常に33℃に保たれているんだって(*・ω・)ノ(写真中央)
湿気は天窓(写真右)から自然に逃げるように工夫されたつくりになっているよ!


ここで「酒母」を作ります!
蒸し米に、水と米麹と菌を加えて、人の手でしっかり混ぜ合わせますp(*゚v゚`*)q
さくらも擬似体験させてもらったよ!


「酒母」をもとにして「もろみ」を仕込みます(((o(*゚∀゚*)o)))
だいたい20日、長いものだと40日かけて発酵させるんだって!


完成したもろみをしぼって、「酒」と「酒粕」に分離すると、お酒の完成…!!
出来立てのお酒は甘いにおいがしたよ(*´ェ`*)


大きな緑のタンクがたくさん並んでいるここは「貯蔵庫」!
冬場に作りだめされたお酒が、ここで低温管理(真夏で摂氏15度)され保存されています!
タンク一つに入るお酒の量はおよそ9,000ℓ!!!
1日2合ずつ飲むとしても、なんとおよそ70年分ものお酒がこの中に入っているんだって!


最後は瓶詰め作業!
今回は、高級な大吟醸酒「煌(きらめき)」の瓶詰めを見学させてもらったよ(o≧∀≦o)ノ゙
特別な機械を使って、瓶の洗浄・流し、お酒の充填・キャップとじまでをすべて自動でやっているんだって!
その後は、お酒の入った瓶をライトで透かして、人の目で一本一本検査します!
さくらも体験させてもらました(*´ェ`*)!


65℃で熱殺菌したものを充填しているので、瓶詰めされたあとは外気で冷まします(o´▽`o)
また、お酒は紫外線に弱いので、できるだけ光を少なくして保管します!

というわけで、工場見学終了です(◍ ´꒳` ◍)b!
酒屋さん、スーパー、コンビニなどなど、様々なところで目にするお酒…。
たくさんの人が手間隙をかけて一生懸命作ってくれているからこそ、おいしいお酒を日常的に楽しむことができるんだね(√*’v`♡♡)⌒。+♬

西野金陵㈱多度津工場の皆さん、ありがとうございました!

【今回の取材先】

会  社  名   西野金陵株式会社 多度津工場
所  在  地   香川県仲多度郡多度津町葛原1880
ホームページ   http://www.nishino-kinryo.co.jp/



企業訪問 ~㈱ワイケーエス編~

今日は「㈱ワイケーエス 多度津工場」さんへふらさく(*´ω`)/!
ワイケーエスさんは、シャツ専門工場として昭和40年に創業して以来、ドレスシャツからカジュアルシャツまで、国内工場、海外工場あわせて、年間およそ200万枚ものシャツを生産している国内有数のシャツメーカーです(o・ω´・b)b!


柄、色、形を問わず、量販店に置いてあるものから、百貨店に置いてある有名ブランドものまで…様々な企業からオーダーを受けてシャツを作っています!
仕事着としても、普段着としても目にすることがおおいシャツだけど、どんな風に作られているのかな?
さっそく工場の中を見学させてもらいました(((o(*゚∀゚*)o)))!


工場内には大きな機械やミシンがたくさん…!!
ここでたくさんのシャツが作られているんだね!
順番に見ていこう εεεεεヾ(●´∀`)ノ!


まずは型紙作りから!
赤い枠の中にある、色んな大きさと形をしているのが、シャツを作るためのパーツです!
シャツは数十種類のパーツから出来ているので、布の無駄がないように、このパソコンでパーツを並べますφ(。。*)
そしてこのパソコンで作られたデータが…


この機械に送られて、パソコンの画面通りに実際の大きさに書かれていきます!
あっという間に型紙が完成(((o(*゚∀゚*)o)))!


この大きな機械は、布を設定した長さに自動で切ってくれる機械です(*´ω`)/!


この機械で型紙通り、パーツごとに切っていきます!
パソコンで型紙を配置した通りに自動で切ってくれるんだって!すごい(((o(*゚∀゚*)o)))
そして何枚もの布を重ねて、まとめて切っているので、時間やコストの削減にも…!


型紙通りに切られた布は、それぞれのミシンでパーツごとに丁寧に縫われていきます!


ここ多度津工場では、色んなシャツを作っているので、シャツの縫い目が違うものもたくさん…!
左から順番に、「インター縫い」「本縫い」「二本針」っていう縫い方なんだって!
表からは見えない縫い方まで、徹底的にこだわって作られています(◍ ´꒳` ◍)!


いろいろな種類の縫い方を使い分けるのでミシンにはこんな工夫も…!
このミシンは、針の横から空気が出る管がついていて、ここから出てくる風が布を折りたたんでくれるので均一な折り目で綺麗に縫いやすくなっています(*´ω`)/!


他にも気になる機械を発見!
この機械はシャツの襟を綺麗にするためのもので、ミシンで縫われた襟を一枚目の機械で余分なところを切り、二枚目の機械でしっかりプレスします!
すると、三枚目のような綺麗な襟の出来上がり…!(((o(*゚∀゚*)o)))
襟はシャツの中で最もこだわりが出る部分なんだって(n╹ω╹)η!


そうして出来上がったシャツは、人の手で検品されます!
傷や汚れがないか、縫い目はちゃんとしているか、ボタンの外れはないか、洗濯表示のタグやブランドのネームはついているか、糸のつみ残しがないか、などなど…一枚一枚しっかりチェックした後…


アイロンがけをして、綺麗にたたまれて、商品の出来上がりです(((o(*゚∀゚*)o)))!
多度津工場では、1日およそ300枚~350枚ものシャツが作られているんだってφ(。。*)


改めて、完成品の写真を撮らせてもらったよ(*´ω`)/!
お店では見慣れた形だけど、一枚一枚にたくさんの技術やこだわりがこめられていることを実感できました(◍ ´꒳` ◍)
「㈱ワイケーエス 多度津工場」のみなさん、ありがとうございました!

シャツ製造のほかにも…


ワイケーエスさんのグループでは「宅配バーベキュー」のサービスもやっているんだってφ(c・ω・ )ψ!
お肉や野菜だけじゃなくて、バーベキューに必要な器具も用意してくれるからとっても楽チンだね♪
これからのお花見シーズンに、ぜひご利用してみては…?(◍ ´꒳` ◍)
(※お値段等、変更になっている場合がありますのでご確認をお願いします。

↓のリンクより、チラシがダウンロードできます(√*’v`♡♡)⌒。+♬


【今回の取材先】

会  社  名   株式会社 ワイケーエス(業務総括本部/多度津工場)
所  在  地   香川県仲多度郡多度津町山階300
ホームページ   http://www.yks-od.co.jp/



企業訪問 ~四変テック㈱編~


今日は、多度津町の桜川にある「四変テック株式会社」さんへふらさく!
四変テックさんは、私達の快適なくらしにかかせないものを支えている会社なんだ!
それは……「電気」!
照明、洗濯機、冷蔵庫、テレビ、エアコンなどなど…私達の生活は電気で動いているものでいっぱい!
最近は電気で動く車も増えてきたね!
毎日当たり前のように使っている電気だけど、どうやってみんなの家庭や職場に届いているのかなぁ?
実は、四変テックさんが1946年の創業以来、ずーっと作っている「変圧器」のおかげなんだよ(*´ω`)/!



発電所で作られた電気は、長い距離を送ってくるために、いったん高い電圧の電気に変えられます。その電圧は何十万ボルトもあって、そのままでは使えないから、変電所や電柱、工場などにある「変圧器」で、それぞれの環境にあった電圧に変えてから、私達の元へ届けられているんです(o・ω´・b)b!
もちろん、変圧器のほかにもいろんな物を作っています!
電気の配電・制御・保護をする「配電盤・制御盤」、事務機器やLED照明、産業機械などの安定動作を支える「組み込み電源」、ものづくりに不可欠な「精密金型」や、家庭やお店、会社などいろんな場所でお湯を作る「電気給湯機(でんき温水器、エコキュート)」などなど…どれも私達の生活とつながりが深いものばかり(๑ʘ∆ʘ๑)!


ちなみに、6月に多度津町民体育館で開催された「商工フェア」では、四変テックさんの「電気給湯機 ユノエース」を利用した足湯のブースがあったんだよ(((o(*゚∀゚*)o)))!
足湯で温まって、癒される人たちで賑わっていたよ(√*’v`♡♡)⌒。+
四変テックさんは、私達にとってとても身近な会社なんだね!
ちなみに電気給湯機は三豊市の工場で作っているんだって!



それではいよいよ、ものづくりの現場、工場内の見学スタート(*´ω`)/!


    /
  /


ここは「大型変圧器」を作っている工場です!


  \
    \


.




(←大型変圧器)
大型変圧器は、変電所に設置されていて、主に大工場やビルなどに送るための電圧に変換しています!


これは、変圧器のコイルを巻いているところだよ!
電圧によって、コイルの巻き数を変えているんだ(o・ω´・b)b!



これは「乾式変圧器」(*´ω`)/!
他の変圧器には、絶縁と冷却のために油が入っているんだけど、乾式変圧器は油のかわりに空気ガスが入っているんだよ!
油がないから防火性が高くて、船や地下街などに設置されています!

.


次の工場へ移動 εεεεεヾ(●´∀`)ノ!
ここでは「柱上変圧器」を作っているよ(◍ ´꒳` ◍)!
柱上変圧器は、電柱の上に設置されている変圧器で、一般家庭や商店で使用する200~100ボルトに変換する装置です!



(↑柱上変圧器)
日常で一番見かけることが多い変圧器だね!


電圧によって大きさが違っていて、全部で6種類もあるんだよ!
柱上変圧器の作成から検査までのすべての工程をこの工場で行っていて、自動倉庫には約1,500個も保管されているんだって!

.


次は「配電盤」と「制御盤」を作っている工場へ… εεεεεヾ(●´∀`)ノ
「配電盤」は、使用目的に応じた電気を配る役目を担っていて、事故の発生を未然に防ぐための保護機能もあるんだよ(o・ω´・b)b!



(↑配電盤)

そして、その「配電盤」に内蔵された機器の制御を行ったり、電圧・電流などの計測表示が「制御盤」の役目です(◍ ´꒳` ◍)!
(↓制御盤)



それでは、最後の工場に移動 εεεεεヾ(●´∀`)ノ!


この機械では、インクジェットプリンタや自動販売機、LED照明など、私達の身近にある「電気製品用の電源(スイッチング電源、照明用電源)」の基板に部品を挿入(インサート)しているんだって!


.
いろいろなスイッチング電源、照明用電源の見本です!
普段何気なく使っている電化製品の中身はこんな風になっていたんだねφ(。。*)!


精密金型は、三豊市の工場で作っているんだけど、多度津町西港町にも工場があって、そこでは400トンプレス機という大きな機械を使って、自動車用部品などのプレス加工をしているんだって!

というわけで、工場見学終了~(((o(*゚∀゚*)o)))!
四変テックのみなさん、ありがとうございました!

【今回の取材先】

会  社  名   四変テック株式会社
所  在  地   多度津町桜川二丁目1番97号
ホームページ   http://www.shihen.co.jp/


番外編

実は今回のふらさくは、多度津町役場にインターンシップに来ていた香川大学の学生さんも一緒でした(*´ω`)/!
みんなとても一生懸命に話を聞いて、このブログの作成にも協力してくれました!ありがとうございました(◍ ´꒳` ◍)


企業訪問 ~今治造船㈱西多度津事業部編~


今日は「今治造船㈱ 西多度津事業部」にふらさく εεεεεヾ(●´∀`)ノ
今治造船さんのマスコットキャラクター、「いまぞう君」に案内してもらうよ!

いまぞう君 「はじめまして、こんにちーーーーペラ!僕はいまぞう君!今日はさくらちゃんやみんなに今治造船を知ってもらうために頑張って案内するよ!よろしくね!

さくら 「いまぞう君、はじめまして!今日はよろしくお願いします!

いまぞう君 「ここ、今治造船は日本で一番たくさんの船を作っている会社なんだ!
今日は『
コンテナ運搬船』を作っているところを案内するよ!
作っているのは、コンテナを
2万個積むことができる、世界でも最大級のコンテナ船だよ(*´ω`)/!


いまぞうくん 「ここ、西多度津事業部では、約600人の人が働いているんだよ!

さくら 「600人!?たくさんの人が働いているんだね!
そして、大きい船を作っているだけあって、工場の中の全てが大きくて大迫力(((o(*゚∀゚*)o)))!


いまぞう君 「船造りを一から説明するッペラ!まずは船の元となる鉄の加工から(o・ω´・b)b!
これは船をつくる元の鋼材!これをブラスト処理(※)して、サビを落として、塗装して………

※高圧で砂状の粒子を吹きつける加工方法


いまぞう君 「こんな風に、キレイな材料にするッペラ!

さくら 「すごい!!さっきの鋼材と同じものとは思えないね!


さくら 「ねぇねぇいまぞう君!この鋼材の端っこについているオレンジ色のものはなに?

いまぞう君 「鋼材の端っこで人が怪我をすると危ないから、これでしっかりとカバーしてるペラ!


さくら 「なるほど…!じゃあこの黄色い枠はなに?

いまぞう君 「これは、鋼材の束が倒れて、人が怪我をしないようにガードしているペラ!



いまぞう君 「大きな船を作るから、機械や材料も全てが大きいんだ!
だから従業員が怪我をしないように、とにかく安全な作業環境を心がけているペラ!


さくら 「会社はもちろん、従業員のみなさんひとりひとりが安全をこころがけているんだね!


いまぞう君 「ここでは、さっきの鋼材を必要な大きさにカットしているペラ!

さくら 「カットした材料に何か書いてあるよ?

いまぞう君 「どの船の何の部品でどこに取り付けるのかを書いているペラ!


いまぞう君 「次は鉄板の曲げ工程!
まず、500tのプレス機で大きく曲げて…


いまぞう君 「細かく複雑な曲げは機械では出来ないから、職人さんの出番だよ!

さくら 「職人さんというと、ベテランさんのイメージだけど、若い人もいるね!

いまぞう君 「しっかり技術が受け継がれているペラ!


いまぞう君 「ここからは組立の工程ペラ!
ベースの板に、さっき切断・加工をしていた部材を組んでいくペラ!


いまぞう君 「部材を組み立てていくと、どんどん大きなブロックになっていくペラ!
これは船の壁となる部分!


さくら 「うわぁ!とっても大きいね!でも、こんなに大きくて重たいものをどうやって運んでいるの?


いまぞう君 「この『自走台車』で運んでいるんだよ!ブロックの大きさに合わせて、250t・300t・500t・800t用の4台の台車があるペラ!


いまぞう君 「大きいブロックになってきたら、塗装をしていくペラ!
細かい部分まで、人の手で丁寧にやっているんだ!


いまぞう君 「最後は総組み立てペラ!

さくら 「こんなに大きなブロックになるんだね!


さくら 「あ!ブロックが吊り上げられているよ!



いまぞう君 「これは、ブロックをクレーンで吊り上げて、バージ船という船に乗せているんだよ!
こうやって、ブロックを他の工場に運んで、運んだ先の工場で組み上げて完成ペラ!


さくら 「こんな重そうなものを持ち上げられるなんてすごいね!

いまぞう君 「ちなみにこのブロックは、1,200tくらいあるらしいペラ…!

さくら 「ふむふむ…!!たくさんの機械や職人さんの技術が合わさって、こんなに大きな船が出来上がるんだね!
というわけで、これにて工場見学終了!今治造船西多度津事業部のみなさん、いまぞう君、今日はありがとうございました(◍ ´꒳` ◍)

【今回の取材先】

会  社  名   今治造船㈱丸亀事業本部西多度津事業部
所  在  地   多度津町西港町1-1
ホームページ   http://www.imazo.co.jp/
(いまぞう君のブログはこちら)



企業訪問~四国計測工業㈱編~


今日は「四国計測工業㈱」さんの本社(多度津工場)にふらさく εεεεεヾ(●´∀`)ノ

四国計測工業さんは、多度津町に本社がある四国電力グループの会社で、創業以来ずっと、みんなの家庭に取り付けられている「電力メーター」の修理・調整をしているんだよ(o・ω´・b)b!
もちろんそれだけでなく、計測や制御の高い技術を活かしていろいろな事業を行っています(*´ω`)

※このページの写真はすべて、クリックで拡大・写真の説明の閲覧が可能です。


本社工場内では、約300人もの人が働いていました(n╹ω╹)η ♥ n(╹ω╹n)
工場といえば、なんとなく、男性がたくさん働いているイメージがあったけど、女性の方も様々な分野で活躍していました(*´ω`)/!


それではいよいよ、四国計測工業さんが創業以来やっている電力量計の修理・調整の様子をご紹介!
今ではおなじみの電力メーターに代わって、スマートメーターの導入が進んでいるんだって!
スマートメーターには、通信機能が搭載されていて、自動的な検針ができたり、自宅のパソコンやスマホで電力使用量の「見える化」ができたりするんだよ(*´ω`)/


スマートメーターが普及していくと、修理や調整を行う必要がなくなっていくので、四国計測工業さんは、どんどん新しい分野へ進出しています!その一部をご紹介します(n╹ω╹)η ♥ n(╹ω╹n)

【LED照明】
半導体の製造技術や流体制御技術の最先端技術を駆使して、
LED照明「MIRACH-LED(ミラクル)」を作っています!
「MIRACH-LED(ミラクル)」は高演色・超高輝度・大光量!
その高い技術力で、多度津高校の野球部のグラウンドや、多度津町民体育館、丸亀城のライトアップなど、いろいろなところで使われているよ(((o(*゚∀゚*)o)))!


【さぬき野菜工房】
四国計測工業さんの門をくぐるとすぐ右側に、「Dr.Vegetable」と書かれた建物を発見(((o(*゚∀゚*)o)))!
実はこの建物、「低カリウムレタス」を栽培している、植物工場なんです!
「低カリウムレタス」は、四国計測工業さんがこれまでに培ってきた計測制御技術で生育状態をコントロールしていて、一般的なリーフレタスと比べて、カリウム含有量を80%以上カットしているから、腎臓疾患の人でも生で食べることができるんだよ(o・ω´・b)b!
水洗いせず、そのまま食べることができて、冷蔵庫で2週間弱保存できます(*´ω`)/
そしてなんと!特別に試食までさせてもらいました(((o(*゚∀゚*)o)))!
苦味がほとんどなくてすっごく美味しかったよ♪
色も、普通のレタスと比べてとても色鮮やかでした(o・ω´・b)b!


こうして四国計測工業本社多度津工場さんの見学終了♪
私達の生活に関わる様々なものを作ったり、点検したりしていることを知って、とても身近な会社に感じました(*´ω`)/!
四国計測工業多度津工場の皆さん、ありがとうございました(√*’v`♡♡)⌒。+♬


  • 多度津町
  • 香川県観光協会
  • 瀬戸内国際芸術祭 2019
  • フォトギャラリー
  • ガールズ目線

トップへ戻る