新着情報 NEWS

ホーム 新着情報

香川県先進的な観光推進事業補助金の募集について

香川県先進的な観光推進事業補助金の募集について

多度津町において、観光振興を目的とした活動を行っている団体が、地域の先進的観光推進事業の企画提案に対し、事業経費の一部を香川県が補助金として交付する制度です。

内容として・・・
・観光客の滞在促進や満足度と利便性の向上につながる受入態勢の充実や強化などの事業のうち、他の市町等の参考となるような先進的な事業。(ただし、施設整備や備品の取得のみを目的とする事業は対象外。)

詳しくは、下記の事業概要をご確認下さい。


募集対象:多度津町内において、観光振興を目的として活動する団体。

対象事業:令和2年3月31日までに完了するもの


問合せ先:多度津町政策観光課


香川県観光スキルアップ塾支援事業補助金の募集について

香川県観光スキルアップ塾支援事業補助金の募集について

多度津町において、観光振興を目的とした活動を行っている団体が、地域の活性化に寄与する、研修会・勉強会を行う際に、事業経費の一部、又は全部を香川県が補助金として交付する制度です。

内容として・・・
 ・地域が抱える観光の問題点等をテーマとし、参加者のスキルアップを図る事業。
 ・住民向けの、地域を知る・魅力を学ぶための勉強会(複数回が望ましい)等

詳しくは、下記の事業概要をご確認下さい。


募集対象:多度津町内において、観光振興を目的として活動する団体。

対象事業:令和2年3月31日までに完了するもの


問い合わせ先:多度津町政策観光課


今年のたどつ夏まつりは8月3日(土)です!

第50回たどつ夏まつりの日程が決定致しました。
今年の開催は8月3日(土)です。
例年どおり、「総おどり大会」と「花火大会」の実施を予定しています。

総おどり大会 17:30~19:10


17:30~ 開会式
18:00~ オープニングセレモニー
       ・多度津幼稚園 キッズダンス
       ・愛光保育園 キッズダンス
       ・白方保育所 鼓隊
18:10~ 多度津京極少林寺拳法太鼓
18:20~ たどつばやし
18:50~ たどつおんど

記念イベント 15:00~17:10

多度津小学校正門横にて開催!

・吉本若手芸人によるお笑いライブショー
・香川短期大学生、SISTER&ESSによるダンス
・たどつヘルスプロモーション実行委員会によるヘルスプロモーション

GUEST

今年も、「香川ファイブアローズ」の選手が駆けつけてくれます(√*’v`♡♡)⌒。+♬

模擬店 15:00~19:30
屋台村 18:00~21:30

模擬店
役場東側駐車場にて開催!
(たこ焼き、かき氷、飲み物、フライドポテト、焼き餃子、ハンバーガー)

屋台村
本通商店街にて開催!
(たどつ夏まつりイベント実行委員会 主催)

花火大会 20:30~21:10(多度津港)

4,000発の色とりどりの花火が夜空を彩ります。
今年はレーザー演出もあります!



ウインドサーフィン大会の開催について

多度津町海岸寺沖を舞台に下記のとおりウインドサーフィンの大会が開催されます。



名  称:OHKカップインかがわ2019featuring海岸寺
(伊勢湾カップセレクション四国予選)
テクノ293クラス男子  テクノ293クラス女子
国体WSFクラス男子 国体WSFクラス女子 

日  時:令和元年6月23日(日曜日) 9時~

場  所:海岸寺

共同主催:日本ウィンドサーフィン連盟中四国支部
(公財)OHKスポーツ振興財団香川

主  管:中四国ウィンドサーフィン連盟/サンマリンBSC

後  援:多度津町・香川県ヨット連盟

当日は、学生たちを対象にしたウインドサーフィンやSUPの無料体験(事前予約必要)が実施され、商工会議所青年部の出店や多度津戦隊モリアゲルンジャーも参加して大会を盛り上げる予定です。

【問い合わせ先】 多度津町政策観光課 0877-33-1116

ウィンドサーフィン・SUPの無料体験者募集について

学生たちを対象にした、ウィンドサーフィン・SUPの無料体験者を募集しております。
詳しくは、下記jpeg、又はpdfファイルの申し込み用紙をご参照いただき、必要事項を記入の上、FAXもしくは多度津町政策観光課までお持ちください。
※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきますので、ご了承くださいませ。


ウィンドサーフィン無料体験応募用紙

ウィンドサーフィン無料体験応募用紙

SUP無料体験応募用紙

SUP無料体験応募用紙


日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落」

日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落」に、多度津町が加わりました!

多度津は古くからの港町で、江戸時代、元祿7年に多度津京極藩となると、その管理のもと本州からの玄関口の一つとしてさらに栄え始めます。
特に江戸時代後期、天保9年に整備された多度津湛甫は北前船の寄港地なりました。
そして廻船業に従事した商人たちが台頭し、港に接続する桜川の河口には交易品を納める海鼠塀の藏が、本通の町並みには町屋形式の住宅が建ち並びました。
加えて琴平との接続の便利さから、文化文政期(1804~1829 年)や天保期(1830~1844 年)などの江戸時代後期(18 世紀後半~)に多度津を起点とした金毘羅参りが盛んになります。金毘羅参りのための街道も廻船業で財を成した商人たちによって整備され、「多度津金毘羅街道」とも称されるようになります。
以上のように多度津港の発展が、北前船による交易と密接に関わっており、さらにそれに関わる文化財が多く残っていることから、日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落」の団体に加わることになりました。

多度津町からは12点の文化財が日本遺産に登録されました!
詳しくは、下記pdfファイル「多度津町日本遺産マップ」をご参照ください。



  • 多度津町
  • 香川県観光協会
  • 瀬戸内国際芸術祭 2019
  • フォトギャラリー
  • ガールズ目線

トップへ戻る